作詞:黒崎 眞弥
作曲:黒崎 眞弥、九条 武政


なまめかしく舞ゐ踊る蝶は 張りありかす
見えざる意図に掛かり
ふと目がおどろき朦朧なる中 今か今かと蠢き犇めく影が

なかなかなる偽善の塊 一筋の月明かりのみが
差し込む薄暗き部屋にて唾液に塗れてゆく

白濁せし雨に打たれて 羽根は塗れ雁字搦めに藻掻き

しどけなき敷布に衣類 頬を伝ふ泪に乾きし痕
纏わり付きし痛みは消えず 毟られ舞ふ羽根が...

ひとつ 悲鳴に拒絶の言葉
ふたつ 屈辱 羞恥の裏側
みっつ 快楽に泣きつつも溺れ
よっつ 其の憎しみ忘るるなかれ

絲轢く指に絡み付きし 悶え軋み揺らめく肢体
擦るる度に薄洩るる吐息 侵食されてゆく
なかなかなる偽善の塊 
一筋の月明かりのみが
差し込む薄暗き部屋にて 唾液に塗れて逝く


Lyrics submitted by gaze6thgun

Hakudakuseshi Chou - [Kanji ver.] song meanings
Add your thoughts

No Comments

sort form View by:
  • No Comments

Add your thoughts

Log in now to tell us what you think this song means.

Don’t have an account? Create an account with SongMeanings to post comments, submit lyrics, and more. It’s super easy, we promise!

Back to top
explain