髪に触れながら話すその仕草
出会ったその日から
忘れられないけど
君の心はもう別の人に
満たされてる今も
夢で逢えるのならば
僕は眠り続けるから
君は儚く弱い砂のオブジェ
見ている間は消えないで

手が触れた時に流れ込んできた
淡い体温をまた感じたくて
君とすれ違う度待ち焦がれても
叶わないよいつも
永久に届かないような
輝る星を見上げてるよ
君は儚く弱い砂のオブジェ
見ているだけなら消えないね

抱いて離さないように
強く君を掴もうとも
君は儚く弱い砂のオブジェ
壊れて指から落ちていく


Lyrics submitted by seasons of grey

砂のオブジェ Lyrics as written by 勇樹 冨田

Lyrics © Sony/ATV Music Publishing LLC

Lyrics powered by LyricFind

Suna no Obuje song meanings
Add Your Thoughts

0 Comments

sort form View by:
  • No Comments

Add your thoughts

Log in now to tell us what you think this song means.

Don’t have an account? Create an account with SongMeanings to post comments, submit lyrics, and more. It’s super easy, we promise!

Back to top