此の扉なら破れない
其の塔なら崩れない
彼の天なら潰れない
何れも嘘らしく馨つてゐます

喩へ蒔いても育つても仙人草
咲いても強く色付かうとも
瞬時に黙つて堕ちて逝きます

如何して? 何故 哀しくなつたの
現実の夢

此の肺なら破れない
其の顔なら崩れない
彼の天なら限りない
何れも赤色に匂つてゐます

斯くて哭いては惑つては生りませぬ
立つたら強く進まなくては
やつとで呼吸に成つて来ました

如何して? 何故 魘されてゐるの
現実が夢

今日からは生えても 芽吹いても仙人草
咲いても悦び過ぎないから
大事な生命 壱ツだけ だうか持つて行かれませぬ様に
哭いたり惑つたり致しませぬ
立つたら弐度と倒れないから
何も要らない 壱ツだけ だうか 誰か 嗚呼

エントリー番号壱


Lyrics submitted by ascend

茎 [Japanese Version] Lyrics as written by Ringo Sheena

Lyrics © Sony/ATV Music Publishing LLC

Lyrics powered by LyricFind

Kuki song meanings
Add Your Thoughts

0 Comments

sort form View by:
  • No Comments

Add your thoughts

Log in now to tell us what you think this song means.

Don’t have an account? Create an account with SongMeanings to post comments, submit lyrics, and more. It’s super easy, we promise!

Back to top