"Shower" as written by and Takahiro Matsumoto Koshi Inaba....
海沿いの球場 見下ろせば
白くけむり 人は消えて
向こうの方の空で
犬のように 低くうなる雷
目が覚めて気がつけば
ずいぶんと遠くまで
きてしまった気がするよ
この部屋に君はいない
どうして人は誰も
離れてゆくのだろう 教えておくれ
後悔はぬるい雨とともに
土にかえり
また花を咲かすだろう
アスファルトは銀色に光り
クツを脱いで歩いて見れば
優しく僕を叱りながら
小さな粒がふりそそぐ
時間がね できたらね
もう一度会いたいと
ウソじゃなく感じてた
でも僕はおそかった
どうして人はいつか
大事なこと忘れるんだろう
教えておくれ
こんな気持ちのままで
いつまで
この街に立ちつくせばいいの

ほっとするような微笑みを
心を包みこむ海のような言葉を
もっとあげればよかった
他人の痛みなど
知らずに生きていた
どうして人はいつか
はかなく消えてゆくんだろう
教えておくれ
命は夕陽抱かれ
燃えながら 旅立ち また
だれかを照らすよ


Lyrics submitted by Mellow_Harsher

"Shower" as written by Takahiro Matsumoto Koshi Inaba

Lyrics © Sony/ATV Music Publishing LLC

Lyrics powered by LyricFind

Shower song meanings
Add your thoughts

No Comments

sort form View by:
  • No Comments

Add your thoughts

Log in now to tell us what you think this song means.

Don’t have an account? Create an account with SongMeanings to post comments, submit lyrics, and more. It’s super easy, we promise!

Back to top
explain