"Fireball" as written by Takahiro Matsumoto and Koshi Inaba....
夜明けまで続きそうな
おしゃべりに 頭が割れそうで
僕を見ようとしない
きみに声をかけるスキはない
相手の流れに 押されてる
僕の命は風前の灯
尻にしかれっぱなし
座ぶとんのような心と体よ
この形勢を逆転したいと
からまわりして
びんぼうゆすり
がんじがらめかといえば
そうでもない
ひまだらけの
ちょっとむなしい感じ
裏切られても コケても
アレちょん切られても
いじめられても たたかれても
しぶとく生きたい
どんな高級セラピーも
あてになんない時代に
あと何がある
魂に火をつけろ まっ青に
こおりついちゃう前に
My soul is flyin'
like a fireball
クズのような 迷いも灰になれ
飛んでゆける 空を燃やしながら
夢のもとへ そして自分のもとへ

だれにも よりかからないで
やっていくことは
信用するなとか
友情すてろってことじゃなくて
クジがはずれても
ねちねちグチらず
前にすすめるかどうかだろう
魂に火をつけろ まっ青に
こおりついちゃう前に
目をとじ 耳をすまして
快感のしっぽをつかんだなら
一気に天まで届くような声をあげて
どんな国境も 自由に越えてしまえ
You know my soul is flyin'
like a fireball
いいかげんな情熱も灰になれ
どうでもいい信念も灰になれ
飛んでゆける 空を燃やしながら
夢のもとへ そして自分のもとへ


Lyrics submitted by Mellow_Harsher

"Fireball" as written by Takahiro Matsumoto Koshi Inaba

Lyrics © Sony/ATV Music Publishing LLC

Lyrics powered by LyricFind

Fireball song meanings
Add your thoughts

No Comments

sort form View by:
  • No Comments

Add your thoughts

Log in now to tell us what you think this song means.

Don’t have an account? Create an account with SongMeanings to post comments, submit lyrics, and more. It’s super easy, we promise!

Back to top
explain