"Ocean" as written by and Per Andreasson....
ふりそそぐ陽を浴びて
汚れなく君は笑い
何もかも知りたくて
僕はただ走り出す
ゆっくり沖を進んでゆく
白く光る船のように
どんな風ものみこんで
ひとつずつ波を越えたいよ
果てない想いを君に捧げよう
握りしめたこの手ははなさない
嵐の中でも
新しい旅へとともに出ていこう
胸ふるわす僕らが見てるのは
どこまでも広がるOCEAN
形の違う心何度でもぶつけあって
人はみなそれぞれに
生きてゆく術を知る
ひとりかくしてきた涙を
今こそ見せてくれないかい
怖がらないで迷わないで
僕はその心にさわりたいよ
果てない想いを君に捧げよう
かわした言葉その声は響き続ける
季節が変わっても
どこにも逃げないで同じ空を見よう
絆深き僕らを待ってるのは
静かにゆらめくOCEAN

果てない想いを君に捧げよう
握りしめたこの手ははなさない
嵐の中でも
新しい旅へとともに出ていこう
胸ふるわす僕らが見てるのは
どこまでも広がるOCEAN


Lyrics submitted by SongMeanings

"Ocean" as written by Koushi Inaba Takahiro Matsumoto

Lyrics © BMG RIGHTS MANAGEMENT US, LLC

Lyrics powered by LyricFind

Ocean song meanings
Add your thoughts

No Comments

sort form View by:
  • No Comments

Add your thoughts

Log in now to tell us what you think this song means.

Don’t have an account? Create an account with SongMeanings to post comments, submit lyrics, and more. It’s super easy, we promise!

Back to top
explain