"Kimi to Yoru to Namida" as written by Yuuichi Tajika and Rina Suzuki (pka Rina)....
雨上がりアスファルトの匂い
二人乗りでのぼった坂道
いつか大人になれば
忘れてしまうかもしれないけど
そんな夏のカケラをひろう

卷き戻しの出来る毎日だったら
昨日はきっと気まずいだけなんだ

キミと夜と涙と 守れなかった約束
屋根まで飛んでこわれて消えてく
甘くて小さなバニラが
いつまでも溶けないと思った私がいる 写真立ての中
私のこと覚えているかな

記録だけ残った部屋に
オレンジ色の陽が射し込む
あの日キミに出会って
言葉を知って大人になったはずの
私の中だけに眠る記憶 ずっとこのまま

ひとりじゃ何も出来ない
そんなわけじゃないよね?
風が吹いたらここから踏み出そう

キミも夜も涙も あの日の約束も全部
屋根まで飛んでこわれて消えてく
はじめてもらったピアスの
片方を失くして ずっと探してたけど
もうやめにするよ
キミのことが好きだよ さよなら


Lyrics submitted by thoseguiltyeyes

"Kimi to Yoru to Namida" as written by Yuuichi Tajika Rina Suzuki (pka Rina)

Lyrics © Sony/ATV Music Publishing LLC

Lyrics powered by LyricFind

Kimi to Yoru to Namida song meanings
Add your thoughts

No Comments

sort form View by:
  • No Comments

Add your thoughts

Log in now to tell us what you think this song means.

Don’t have an account? Create an account with SongMeanings to post comments, submit lyrics, and more. It’s super easy, we promise!

Back to top
explain