風に靡くドレープの向こう
薄弱な声に震えたのは身体じゃなく
初めて意識した「失い」

染み付いて離れぬ不安感
拭う手の温もりを忘れそう
白壁が連れ去る安心感
四月は何度見れば終わる

掛け違うだけでこんなに容易く崩れてゆける
そう 口に出すよりも脆く

ひらりひらりと悲しげに揺れる
返す笑みには映らない
優鬱よ何処へ
噛み締める弱さが知ったハカナさの意味
今は君を守る様に抱く様に…

答えが嘘だと言って 悪い夢なのと笑って

息も出来ずにただ堪えるだけ
詰まる言葉を覆い尽くす
優鬱よ何処へ
しがみつき願った明日は今も咲いてる
君を守るかのように
ゆら ゆら ゆら


Lyrics submitted by Nessar

「白き優鬱」 song meanings
Add your thoughts

No Comments

sort form View by:
  • No Comments

Add your thoughts

Log in now to tell us what you think this song means.

Don’t have an account? Create an account with SongMeanings to post comments, submit lyrics, and more. It’s super easy, we promise!

Back to top
explain