折れた淡い翼 君は少し
青すぎる空に疲れただけさ
もう誰かのためじゃなくて
自分のために笑っていいよ

依然として忍び寄る孤独
内側に灯るローソク
賑わうパーティー
豪華なシャンデリアとは裏腹に
足りない言葉の
窪みを何で埋めたらいいんだろう
もうわからないや
せめて夢の中で
自由に泳げたら
あんな空もいらないのに
昨日までのことを
塗り潰さなくても
明日に向かえるのに
折れた淡い翼 君は少し
青すぎる空に疲れただけさ
もう誰かのためじゃなくて
自分のために笑っていいよ

劣等感との和解は
簡単には叶わないさ
自意識のてっぺんに居座る鏡が
映す花びら
振り絞るように
汚れた愛を叫んでみるけれど
もどかしくて
巡る時の中で
傷口はやがて
かさぶたに変わってゆく
君はそれを待たず
とても美しく とても儚げで…
剥がれ落ちた痕の産毛のように
陽だまりの中で震える祈り
今は無理に 誰かの事を
愛そうと思わなくていいのに

時にこの世界は
上を向いて歩くには
少し眩しすぎるね
沈むように 目を伏せると
渇いた地面が涙をすする
Why do we feel so alone anytime?
全てを受け止めなくてもいいよ
Why do we feel so alone anytime?
こらえることだけが勇気じゃない


Lyrics submitted by obscurelies

"ALONES" as written by

Lyrics © Universal Music Publishing Group

Lyrics powered by LyricFind

Alones [English] song meanings
Add your thoughts

No Comments

sort form View by:
  • No Comments

Add your thoughts

Log in now to tell us what you think this song means.

Don’t have an account? Create an account with SongMeanings to post comments, submit lyrics, and more. It’s super easy, we promise!

Back to top
explain