Know something about this song or lyrics? Add it to our wiki.
甘い夢の続きは幼すぎて
淡い君の笑顔は遠い日のうた
いつだってそれは心をすり抜けて
いつしか色褪せてすれ違ってく
あてにならない言葉を紡いでみる夜
夢の続きをひとしきり数えて
星がわらう
今よみがえる青い海の記憶
ずっと変わらずに呼びかけているよ
確かめあったあの日の風は
少しいたずらに揺れて
愛した声も傷ついた静けさも
連れ去ってしまった
そして二人は何も映らない空と
懐かしい音を胸に溶かして
終らない旅の行方を描きはじめて

闇を走り震える雨をぬけて
はるか見渡すのは眠らない海
いつだってきっと届けてくれるのさ
夏を待ってる波がうらやむ秘密
どこまでもまばゆい星は砂にうめて

今よみがえる青い海の記憶
そっとこれからを鮮やかに染めて
確かめあったあの日の風は
少しいたずらに揺れて
愛した声も傷ついた静けさも
連れ去ってしまったいつかはめぐり
優しい想いが素肌に触れたならば
すべて溶かして
終わらない次の旅へと泳ぎはじめて


Lyrics submitted by seasons of grey

"Flow" as written by

Lyrics © TUNECORE INC

Lyrics powered by LyricFind

Flow song meanings
Add your thoughts

No Comments

sort form View by:
  • No Comments

Add your thoughts

Log in now to tell us what you think this song means.

Don’t have an account? Create an account with SongMeanings to post comments, submit lyrics, and more. It’s super easy, we promise!

Back to top
explain